診療案内 |伊賀市の歯医者・歯科|中川歯科医院

中川歯科医院

〒518-0866 三重県伊賀市上野小玉町3068

0595-21-0334

メインメニューを開く
診療案内

歯周病治療・予防歯科

歯周病の怖いところは、気が付かないうちに進行し歯を失うことです。また、歯を食いしばるクセがあると、歯周病の進行が速くなるなどの悪影響があるのでご注意ください。治療はできる限り歯石取りを中心にしていますが、状態によっては外科的な処置を施す場合もあります。

歯石取りを担当するのは、基本的に歯科衛生士です。治療期間中は同じ歯科衛生士が一貫して対応し、お口の状態の変化を見守ります。ご希望があれば治療終了後のメンテナンスでも担当の歯科衛生士を固定しますので、お知らせください。

なお、歯周病の治療には地道な取り組みが不可欠です。基本的に1回の治療で終わることはなく、当院で受ける治療とともにご自宅でのセルフケアも大切です。当院では、むやみに自己管理を求めるのではなく、セルフケアを上手にするためのコツなどをご案内していますので、一緒に頑張っていきましょう。

再発防止や予防のため、治療が一段落した方や今のところ症状がない方も、定期検診とメンテナンスをおすすめします。

歯のクリーニング

虫歯も歯周病も感染症ですので、予防にはお口を清潔に保つことが大切です。歯磨きで取り切れず硬くなってしまった歯石は、当院のクリーニングを受けて除去しましょう。専用の器具を使い、歯と歯茎との境目に入り込んだ歯石やたばこのヤニなどもきれいにお掃除します。

また、当院では「エアフローマスターピエゾン」という機材を使い、緻密でより痛みを抑えたクリーニングも実施しています。この機械は超音波で歯石を砕いて取りやすくする機械と、微細なアミノ酸パウダーを吹き付けて歯の表面をツルツルに磨き上げる機械が合わさっているのが特徴です。

アミノ酸パウダーは柔らかくほのかに甘いので、歯や歯茎を傷つけてしまうことがなく、クリーニングを受けている間のストレスもあまり感じないで済むかと思います。ご負担やストレスを感じずにクリーニングを受けることができれば、また受けてみようというお気持ちになり、気軽に予防していただけるのではないでしょうか。

当院のクリーニングで、皆さまがより楽に予防に取り組めるようになればと思います。

インプラント治療

歯を失った場合の選択肢としてブリッジや入れ歯に加えて登場した、インプラント。それは、人工歯根を顎に埋め込み、その上に歯を作る治療方法です。その魅力として、ほかの歯に負担をかけて寿命を縮めてしまうことなく、しっかり噛めるようになるという点が挙げられます。

当院では、インプラント治療に先立ち、精密に診査診断してリスクを抑えた治療計画を作るため、歯科用CTを活用しています。また、インプラント周囲の歯茎の状態や取り付ける人工歯の形に配慮し、インプラント治療後のセルフケアをしやすいようにしています。

インプラント材料は、ノーベルバイオケア社のものを採用しました。インプラントメーカーとして歴史があり、これからも安定的に材料や部品が手に入ると考えられることが決め手です。患者さまのお口に入れたインプラントは長く使うものですから、もし不具合が起きた時に交換部品が入手できないような事態があってはなりません。また、ノーベルバイオケア社のインプラント材料は広く使われていますので、患者さまが転居された場合も、メンテナンスを受ける歯科医院を見つけるのが容易かと思います。

なお、インプラントは清潔に保っていないと歯周病と似た病気になるリスクがありますので、ご自分できちんと歯磨きをされるとともにメンテナンスにもご来院ください。すでに歯周病にかかっている方の場合は、まず歯周病の治療を済ませてからインプラント治療に着手しましょう。

虫歯治療

当院の虫歯治療は、なるべく歯を削る量を抑えて多くの部分を残す、ミニマル・インターベンションを基本としています。まれに「虫歯を治療するより抜いて入れ歯にした方が楽では」とお考えになる方もいらっしゃいますが、天然歯に勝るものはなく、一度抜いた歯は戻せません。

治療に先立ち、患者さまのお口の状態や治療方法はご説明しますので、何かご希望があればお知らせください。「治療するより抜いて」といったご希望の場合も、抜いた場合のメリット・デメリットなどを歯科医師の立場から解説いたします。

また、当院では歯をなるべく削らないだけでなく、神経もできるだけ残す方針です。神経がある歯が虫歯になれば痛みが出ますが、それは歯を守るためにご自分の身体が知らせてくれるアラームですので、必要なことだと考えています。その上で、感染が進みどうしても神経を残せない場合は、神経を取る治療をします。その場合、だ液からの感染リスクを抑えるため、ケースに応じてなるべく少ない時間・回数で治療しています。

たくさん削る治療をしなくて済むよう、痛みがないうちから歯科検診を受けることもおすすめです。

入れ歯

患者さまごとにお口の状態は違いますし、入れ歯が噛めるかどうかは歯や歯茎の状態に左右されます。当院では、まず歯と歯茎の状態を整えてから入れ歯作製にあたります。完成してからも調整を重ねる必要がありますので、患者さまご本人と協力してより使いやすいものにしていければと思います。

当院で新たに入れ歯を作る場合は、保険診療のものでも自由診療のものでも六つのステップを踏んで丁寧に作製していきます。それは、型取りの緻密さによって、できあがった入れ歯の噛み心地が変わるからです。入れ歯が接する歯茎側の型取りのほか、望ましい噛み合わせにするための型取りも行い、お口に合ってよく噛める形を追求します。

保険診療で作る入れ歯にも手抜きはありませんが、入れ歯の厚みや留め具の色など、材質的に保険診療で対応できないご要望については、自由診療の入れ歯をご提案することも可能です。

なお、現在お使いの入れ歯がある場合は、お持ちになって不満に感じられる点をお聞かせください。改造や調整で対応できる問題であれば、当院で調整させていただきます。

顎関節症

顎関節症とは、顎を動かす関節や筋肉、筋などに異常が起こる病気です。顎を動かすと痛みがありカクカクという音がする場合、この病気かもしれません。原因としては、噛み合わせの問題や被せ物の不調、精神的なストレスなどが指摘されています。

まだまだ不明な点も多い病気ですが、患者さまの多くは無意識のうちに歯を食いしばっているという傾向があります。そのため、治療の入り口としてまずご自分が歯を食いしばっているということに気付いていただき、顎の緊張を和らげるように促します。

続いて使うのは、スプリントというマウスピースです。これを使って顎の位置や噛み合わせが望ましくなるように導き、顎に不自然な力がかからないようにします。その上で、やはり歯の高さが合わない箇所がある場合は、低い歯に被せ物をして高さを合わせるように調整します。元に戻せない治療方法を極力回避するため、高いほうの歯を削ることはしません。

顎に不調を感じている方は、我慢を続けないで当院にご相談ください。

詰め物・被せ物

虫歯などで削った歯を修復する詰め物・被せ物についても、型取りなどの手順は保険診療でも自由診療でも変わりなく、丁寧に行っています。保険かどうかで大きく違う点は、使う材料です。自由診療であれば材料に制約がありません。

例えばセラミックの場合、虫歯の原因となる歯垢(プラーク)が付きにくく、歯との隙間も抑えてぴったりとしたものを作ることができます。虫歯の再発防止に役立つというのが、当院が考えるセラミックの何よりの魅力です。もちろん、歯によく似た自然な白さも特徴で、年月が経っても変色が少ないというメリットもあります。

また、作製は自由診療の歯のみを取り扱う歯科技工所に依頼しています。ぴったりと合う被せ物を作るため、土台となる歯や歯茎の治療をきちんとすることも欠かしません。歯茎の腫れがあると、時間とともに歯茎の形が変わってしまい、被せ物と歯との間に隙間ができやすくなるからです。虫歯再発を防ぐため、一つひとつの作業を丁寧に進めてまいります。

訪問歯科診療

高齢化社会となり、お身体の具合が悪くて歯科医院まで来られない方は少なくないと思います。そうした方々を対象に、当院ではご自宅や介護施設に伺って歯科治療や口腔ケアを行っています。訪問歯科診療をご希望の方は、お電話でご予約ください。

訪問歯科診療は、ポータブルユニットを自動車に積んで伺います。それがあれば、虫歯の治療や抜歯、入れ歯作製といった、歯科医院で受ける治療と遜色のない治療が可能になります。ほかに、歯科衛生士によるお口のお手入れやリハビリなども実施しています。

また、診療にあたっては患者さまの全身疾患の内容やお身体の調子を考慮しながら、治療計画を立案します。場合によっては、内科などの主治医と相談の上で治療方針を検討することもあります。

訪問歯科診療は、当院から半径16km以内で通院できない方が対象です。通院できるけれども来てほしいという方の元には伺うことができかねますので、ご理解ください。